ネイリストになるには

ネイリストになるためには、資格が必要?

ネイルの資格は、ゼッタイ必要!

 

「ネイリストになるには、どうしたらいいの・・・?」
「資格や免許は必要なの・・・?」

 

いまから情報収集をはじめたばかりの初心者にとっては、
わからないことだらけ。

 

実は、ネイリストになるには、資格や免許は必要ありません。
法律上は、国家資格も、民間資格も、必要とはされていません。

 

でも、実際には就職時に、企業側からネイルの資格が求められることがほとんど。
ネイルの資格があるのと無いのとでは、まったくちがいます。

 

そのため、現実的にはネイリストになるためには、
ネイルの資格を持っていることがほぼ絶対に必要です。

 

ネイリストになるには、ネイルの資格さえあれば就職率90%超!

 

ネイリストになるには、ネイルの資格を取得することが必要です。

 

そのため、資格取得のための勉強をしなくてはならない・・・という面があるのですが、
ネイリストになるためには、ネイルの資格さえ取得してしまえば、あとは楽勝です。

 

というのも、この不況だ不況だ、といわれるご時世に、
ネイルの資格があれば就職率・転職率90パーセント以上!というデータがあるんです。

 

つまり、ほぼ確実に就職も転職もできる、ということです。

 

そのため、若い10〜20代の女性の間では、
「ネイリストになるには、なにはともあれ資格取得!」が常識になりつつあります。

 

ネイルの資格が人気な理由

 

ダントツの就職率

ネイリストになるには、ネイルの資格が必要。
そして、ネイルの資格さえあれば、ほぼ確実に就職も転職もできます。

 

他の美容系の職業としては、
美容師やメイクさん、エステティシャンやアロマセラピストなど、色々あります。

 

でも、そのどれもがネイルの資格があっても、なかなか就職できないものばかり。

 

狭き門だったり、実務経験が必要だったりして、
資格を持っていてもなかなか就職活動に苦戦してしまう・・・という事が多いんです。

 

でも、ネイリストになるには、ネイルの資格さえあれば就職で困ることはありません。
就職・転職率90パーセント以上の美容の仕事なんて、他にはないんです。

 

そして、ネイルの資格が人気な理由は、それだけではありません。

 

お手軽な難易度!働きながらのOLでも、子育て中の主婦でも取得しやすい!

ネイルの資格は、専門スクール・学校への通学や、通信講座さえ受ければ、
割りと難しくもなく取得できてしまう、お手軽な難易度なんです。

 

そのため、平日は忙しく働いているOLでも、子育て中の主婦でも、
ネイルの資格取得に励んでいる女性は多くいます。

 

ネイリストになるには、専門スクール・学校や通信講座で、
最短1ヶ月〜の勉強で資格を取得することができます。

 

ネイルの専門スクール・学校・通信講座の選び方

 

ネイリストになるには、専門スクール・学校での講座や、通信教育で学ぶのがイチバン。

 

勉強だけなら独学でもできますが、実技試験等のことも考えると、
ネイリストになるには独学では難しい面があります。

 

そのため、ネイリストになるには、専門スクール・学校に通うか、
最低でも通信講座を受講しておくことが必要です。

 

そこでネイリストになるには、
専門スクール・学校、通信講座選びが重要になります。

 

自分の通う専門スクール・学校を選ぶ際には、
以下の5つのポイントを元に選ぶようにするとよいでしょう。

 

どの検定試験に対応した講座か

ひとくちにネイリストといっても、自分のなりたいイメージ通りのネイリストになるには、
必要なネイルの資格がちがいます。

 

そのため、自分の目指すイメージに近いネイルの検定対策講座を開催している
専門スクール・学校や通信講座を選ぶようにしましょう。

 

自分のライフスタイルに合ったスケジュール調整が可能か

OLだったら、昼間は働いているわけですから、夜間の授業を行っているか、
土日・祝日に授業は受けられるか、など無理のないスケジューリングが必要です。

 

自分の通う専門スクール・学校が自分のライフスタイルにあっているかどうかは、
ネイリストになるにはとても重要なポイントです。

 

検定合格保証制度はあるか

もしネイルの検定に合格できなかった場合には、
無料で再度授業を受けられる制度があるところがあります。

 

「一発で合格できるか自信がない・・・」という場合には、
検定合格保証制度のあるスクールを選びましょう。

 

シッカリと講師に技術を教えてもらえるか

ネイリストになるには、ネイルの資格をとった後のことも考えると、
やはりシッカリとした技術を身につけることが重要です。

 

講師にはしっかりとした実力・実績があるか、
直接指導してもらえる体制は十分に整っているか、
こういったことをチェックするようにしましょう。

 

就職バックアップ体制は整っているか

専門スクール・学校の中には、
検定合格後の就職バックアップ体制が整っているところがあります。

 

ネイリストになるには、ネイルの資格さえあれば就職しやすいのですが、
バックアップ体制が充実しているところであれば、より選り好みしやすくなるでしょう。